昨年、講師の斎藤なを子氏は戦後70年のドイツを訪問され、障害者福祉を視察してこられました。戦争という非常事態の下で、障害者は、治らない・働かない・生きるに値しないとみなされ、ユダヤ人と同様に虐殺された歴史を聞かされました。そして、その戦争の多くの反省から「人権」という考えが芽生え、時を経て「障害者権利条約」がうまれ、平成26120日、日本は141番目の締約国となりました。障害の有無にかかわらず、すべての人が平等に暮らせる社会を目指しているこの条約を、皆さんと共に学んでいきたいと思います。

日時:平成28107日(金曜日)10時から12

会場:立川市総合福祉センター 2階 視聴覚室

駐車場は限られています。

講師:斎藤なを子氏

講師略歴:現職 社会福祉法人鴻沼会 常任理事 埼玉県さいたま市出身、日本女子大学文学部社会福祉学科卒。大学在学中、旧与野市での養護学校卒業を控えた障害児の親御さんや関係者による作業所作りの運動に関わりを持ち、大学を卒業と同時に無認可作業所の専従職員となる。1986年4月法人認可を経て今日に至る。

参加費:無料

申し込み:ホームページお問い合わせフォームよりお願いします。

天候により中止となる場合がございますので、会員以外の方は連絡先をお伝えください。

締切:926日(月曜日)

後援:立川市社会福祉協議会