親の会の歴史

  • HOME »
  • 親の会の歴史

立川市手をつなぐ親の会の歴史

立川市手をつなぐ親の会は、知的障がい児・者が座敷牢や家の中だけで生活をしていた状況をなんとしても変えたいと思った市職員・民生委員が強い熱意で知的障がい児・者をもつ親に働きかけ作られました。昭和38年5月のことです。

「立川市手をつなぐ親の会結成趣意書」

不幸にして私たちの子どもは知的障害という重荷を背負いました。

まわりの子を見るにつけ、「なぜうちの子だけ」という考えが明けても暮れても心の中から離れず、前途の暗い日々を送りました。

しかし、多くの先輩方の力によって、教育さえよければ、牛の歩みのように遅くても、身の回りを整え、仕事を覚え、人生に喜びを感じるようにさえなり得ることがわかりました。

私たちは、この成果に勇気づけられ、希望を新たにして、この子らも安じて暮らせる社会を、親たちが力を合わせて作っていくために、立川市に「手をつなぐ親の会」を結成することにしました。

 

親の会のあり方

会結成当時、「不幸にして」わが子は知的障がいを背負ったと思っていた親も、会につどいみんなで活動するうちに、「ありがたい」という気持ちに変わっていき、その後、全員就学の運動、療育施設の設置要望運動(ドリーム学園の開園)、作業所作り(昭和51年*こぶし作業所開所)、放課後等活動場所として、地域ディグループ(平成16年*スマイルくらぶ開所)と活動を展開していきました。平成25年度は会員は約180世帯になりました。知的障がい児・者の権利を護り、彼らが安心して暮らせる社会をつくりたいという熱い思いと目的は変わりません。そして、これからも障がいのある人もない人も、共に生きる社会の実現を目指して行きたいと思います。

 

*こぶし作業所は、平成18年にNPO法人こぶしの会、スマイルくらぶは平成23年にNPO法人こらそんとして、NPO法人格を取得し、親の会から独立し、事業を行っています。

アーカイブ

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGETOP
Copyright © 立川市 手をつなぐ親の会 All Rights Reserved.